--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/11

久々にオリジナルです

あまりに単純な構造をしてるので
既にどなたか考案されているかもですが


立方体A

立方体A



立方体B

立方体B


立方体Bのパーツ

立方体Bのパーツ


一辺に対し、差し込み口と差し手と両方あるのがポイント
そこそこ組みやすく、綺麗にまとまるので
どのパーツを最後に組んだかもわからなくなるほど。

正方形6枚折。

コメント

非公開コメント

No title

ニコニコのリオレウスの動画から来ました。
自分は普段ユニット折り紙を作らないのですが、これは簡単そうだったので実際に作ってみました。このパーツは模様の出ない方を表にして組んでみても面白い感じのが出来ますね。折り線を少し加えるとまた雰囲気の違うものが出来ました。ちょっと手を加えるだけで出来上がりの印象がガラリと変わるのはユニット折り紙の面白い所ですね。
ところで、よく見たら立方体Aと立方体Bは同じ立体を違う角度から撮ってるみたいですね。

No title

コメントありがとうございます!

折り方公開していないのによく作れましたね
あの有名な川崎ローズからアイデアをもらって
ひねりを加えた構造になってます

立方体ひとつ作るのに6枚必要なので
AとBを別々に作ると合計12枚にもなってしまって
少し面倒臭かったので
半々にしました

しかし凄い観察力ですね
簡単な作品でも睨み折りは難しいと思うのですけれど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。